先輩に聞く

S.Kさん 46歳 調理指導部 担当部長

キャリアを活かしたい人も、もっとキャリアを積みたい人も。
「食」にこだわるLEOCだからこそ、できる仕事があります。

S.Kさん 46歳 調理指導部 担当部長
2015年入社

ホテルの料理長としての経験を活かしてもっとキャリアアップしたかった。

私は調理師として老舗中華料理店からスタートし、そこで料理の基礎を徹底的に教えていただきました。そして、そこの料理長が立ち上げる中華料理店で一緒に働くことになり、オープニングスタッフとして参加。たくさんの経験を積みました。その後、ホテルの中華料理店に移り、10年間料理長を務めさせていただきました。
料理長時代は商品開発や調理指導を行ったり、その他にもホテルのブランドイメージを従業員に教える役割も担当いたしました。そうした中で、今までの経験を活かし、もっとキャリアアップできる職場はないかと、転職を意識しはじめました。
街のレストランやホテル飲食店・給食会社など様々な業態の企業に内定をいただきましたが、その中からLEOC(レオック)に入社を決めた理由は、「責任ある立場を任せていただけるのでキャリアアップにつながる」と考えたことと、「お客様に喜びと感動を 従業員に成長と幸福を 社会に貢献を」というLEOCの経営理念に共感したからです。
また、面接でLEOCの総調理長とお話しし、将来性のある会社であり、会社のビジョンにも可能性を感じることが出来、安心して働くことができると確信しました。

今までの調理師経験で身につけた技術を若手に伝えていきたい。

LEOCは企業の社員食堂や病院、老人施設などで料理を提供している給食会社です。
「給食」というと「味が薄く、あまり美味しくない」といったイメージを持っている人もいますが、LEOCの給食は全く違います。厨房で調理師が一つ一つ丁寧に調理し、お客様へ届けております。
給食の調理では、高級素材ばかりを使うことはできません。ですから、素材それぞれの良さを最大限に引き出すための調理方法が重要になってきます。また、事業所ごとに調理器具や設備が異なることや、限られた時間の中での大量調理をいかに美味しく提供できるかも腕の見せ所です。
より美味しい料理を提供し日本一の給食会社になるためには、調理師一人一人のスキルアップが欠かせません。調理指導部メンバーは月に1回集まり、料理のクオリティや調理ポイントを研究する会を開催しています。そこで研究したことを、私が担当している事業所の調理師へ教えていきます。事業所運営のアドバイスや、調理設備に適した調理方法を伝えていきます。これまでの調理師経験を活かせた実感やLEOCの調理指導メンバーとして若い調理師たちの成長を見ることは大きな喜びになりますね。

photo1

様々な分野のスペシャリストが集まるLEOC

私はLEOCに入社して、まだ1年弱です。給食会社は未経験でしたので、仕事と会社をよく知るために様々な事業所で働かせていただきました。若い人たちとも一緒に働きながら感じたことは、LEOCの従業員は一人一人がすごく頑張っているということ。美味しい料理をつくる情熱と、もっと調理の腕を上げたいという前向きさを持っている調理師がたくさんいます。
LEOCには、様々な分野で活躍してきた調理師がいます。プロとしてプロから学べることが給食会社の素晴らしい所ですね。これからLEOC独自のブランド構築にチャレンジしていきます。確かな技術と情熱を持った調理師たちが中心になってメニューや調理方法を考え、より美味しい料理をお客様へ提供していきます。私は中華を担当し、他にも洋食・和食・イタリアン・スイーツの5部門のブランドを立ち上げます。
LEOCが“美味しい料理”にこだわり続け、「日本一の給食会社」になる日も近いかもしれません。
こうしたLEOCの事業に共感し、私のような想いを持った仲間がもっと増えてほしいと考えています。「お客様においしい料理を提供して喜んでいただきたい」「料理人としてもっと腕を磨きたい」「自分の持っている知識や技術を若い人に伝えたい」そして“日本一の給食会社をつくりあげたい“――。
LEOCでは調理師としてキャリアを積んできた人にとっても、とてもやりがいをもって働ける、成長できる職場です。ぜひ、私たちと一緒に同じ熱い志を持ち、日本一の給食会社LEOCをつくっていきませんか。

photo2